「終末のワルキューレ」1巻ネタバレ・あらすじ!無料で読む方法!
男性1

こんちは、ひろぽんです。
本日は、連載開始直後から話題となっている
漫画「終末のワルキューレ」を紹介していきます!!

「終末のワルキューレ」の概要

「終末のワルキューレ」の基本情報

原作:梅村真也

作画:アジチカ

出版社:徳間書店

掲載誌:月間コミックセゾン

レーベル:ゼノンコミックス

発売号:2018年1月号

発売期間:2017年11月25日

巻数:5巻(2019年11月20日現在)

 

徳間書店の漫画雑誌である「月刊コミックゼノン」にて連載中の作品で、2018年号1月号から連載中です。

類の滅亡を企む神とそれに立ち向かう人類史に名を遺した人類の戦いを描いているバトル系漫画になります。

選ばれた人類最強の13人が神々とのタイマンでの13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか??

「終末のワルキューレ」注目ポイント!!

  • 2018年5月に発売された単行本1巻は発売直後、品薄に・・・大量重版となっている
  • 次くるマンガ大賞にて2019年20位を獲得
  • 作画のアジチカが第1話を全てTwitterにて公開して話題に。。
  • 2019このマンガがすごい!オトコ編5位!

「終末のワルキューレ1巻ネタバレ・あらすじ

700万年が経過しても依然として

人類の発展の兆しが見えない神々が1000年に一度

こぞって集まり開催される人類存亡会議にて、

人類は終末を迎える決定がなされようとしていた。

そんな時、人類との関わりを持つ半神のブリュンヒルが

超特別条項神 対 人類最終闘争(ラグナロク)によって、

人類の終末のいく末を決定したらどうか。提案を行う。

すると、最初はしぶっていた神々でしたが

ブリュンヒルの挑発に負け、

もし、人類が勝ったら、

人類の滅亡を取り下げるとの条件でラグナロクの開催を決める。

こうして、最強神たちと人類最終闘争の13番勝負の幕が上がる。

そして始まったラグナロクの一回戦

雷を操る北欧神話の戦士トールと、中国三国志時代の武将、呂布奉先の対決。

戦いの行方は??

「終末のワルキューレ」無料で読む方法

文字だけであらすじを読むのも良いですが、

続きは是非、漫画で読んでもらいたいと思います。

今回、無料で「終末のワルキューレ」を購読する方法を紹介したいと思います。

その方法は、

U-TEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

アニメの最新作品から名作まで充実のラインナップ!U-NEXT

160,000本以上の映画、アニメ、ドラマを配信しているのですが

電子書籍も充実しています。

U-NEXTの31日間無料トライアルというものがあるのですが、

登録するだけで、600円のポイントが配布されます。

つまり、1冊無料で読むことが出来ます。

さらに、毎月、1200円分のポイントがチャージされるので
どうにかしてますよね(笑)

安心、安全なサイトですので、登録しておいても損は無いですよ!!

まとめ

終末のワルキューレですが、数あるバトル系漫画の中で、

ストーリー設定が面白いです。

ギリシャ神話や北欧神話に登場する神々と、人類史に残る偉人や武将たちが13人集結し、タイマン勝負って。。

面白い過ぎでしょ。

人類の騎士では、アダム、佐々木小次郎、ジャック・ザ・リッパー、始皇帝 等

神々の闘士では、ゼウス、ポセイドン、ヘラクレス、釈迦 等

こういった、メンバー達との戦いの訳で、人気が出る訳です。

分かりやすい、ストーリーも魅力で、1巻に手を出したら、止まらなくなると思います。

さらに、作品上に登場する、歴史上の人物を知ってるのであれば、楽しさも2倍になるはずですよ!