ブラッククローバー230話(24巻)ネタバレ!アスタが最強過ぎ!

本日は、ブラッククローバー230話(週刊少年ジャンプ52号、2019年11月25日発売) について書いていこうと思います。24巻にて収録される見込みですので、 ネタバレ注意でお願いします。

※229話のネタバレ・感想はこちら!!

「ブラッククローバー」230話(24巻)ネタバレ

スペード王国の要塞へ突っ込み敵兵をかたずけていくアスタ

しかし、そこにいる人々は恐ろしさに怯えていた。

アスタは、落ち着くように話すが、人々の不安と恐怖は拭いきれません。

長い間囚われていた人々を見たアスタは怒りを抑えきれない。

さらに、要塞を率いる兵長には勝てないと言う人々達。

侵入者を排除すべくとアスタに立ち向かう兵士たちだが

アスタは、現れた敵を宿魔の剣を取りだし、「ブラック・スラッシュ」で敵を撃破する

さらに、敵の気配を感じ上階へ向かうアスタ。

すると、そこの施設を任されている団長らしき人物が登場。

すると、アスタの身体に異変が・・・

身体を硬直させるアスタ

それは、兵長の毒創成魔法によるものだった。。

しかし、アスタは滅魔の剣を取りだすと、その毒がいとも簡単に消えていく。。

その瞬間、恐れる兵長。。アスタを完全に見下していたのです。

「ブラッククローバー」230話を見た感想!!


男性1

剣魔法がアンチ魔法の力を持ちつつ、魔力を有してるって、チートなんだよな
これだとグリモワール持ちリヒト>アスタの悪魔になってしまうし、まだまだ隠された悪魔の力はありそうだ

男性2

アスタが闇纏い・無明斬りみたいなのやっとる
これもう半分ヤミ団長だろ

男性3

初見殺し的な魔法が通用しないとはマジで強くなってんな
今のアスタが苦戦するであろうスペードの悪魔どんだけ強いねん

まとめ

ハート王国での、半年間の修行の成果を見ることが出来た話でしたね。

物語では、修行期間のエピソードは完全に省略されていたので、

これから話では徐々に、半年間で何が起こったのか??

明らかにされてくるかもしれませんね。